君に満足の脚の形性愛を教える

に養生、多くの人は食事、運動などの方式、殊、性愛も養生.早く戦国、漢の時代、中国が性交養生の言い方.古代の医学は、円満な調和の性生活に役立つとトレーニング、寿命を延ばす長生き.以下は古い祖先が殘したいくつかの性愛の養生の経験.

色沢悦び、脚の形、寿命を延ばす不老.性愛のメリットについて、晋性学の古典に皆既記載:万病の除去、色沢悦び、筋がよくて、寿命を延ばす不老よう、常に児童.近代的な研究は、規則の性生活を促進することができます女性エストロゲンが分泌させ、より肌つるつるして、髪も輝きを、じゅうに歳若く見える.そのほか、性愛過程で、男女双方のストレスは釈放され、血気運行と睡眠にも促進されます.

は静的に強く、先に劇をして、楽して.古人を非常に重視し性愛戯とは、性交から精神面での準備段階まで形体.まずやり遂げる宁心社会主義、静を制す、つまり排除する恐れ、、イライラなどの情緒.次に先がなくて楽しむ、つまり十分でき前戯.ことがですが水が流れてくれば用水路も開かれる;水至りて渠なるに達し、心身ともにリセット.

男性が4年、さもなくば身.明代の著名な医ゴン氏に福丹书』では、「部屋のこと、生人を殺すことができ、旧知で使える者、命を養うことができる.性学の古典素女経』はさらに、男性性生活にペニスを必ずやり「4年、さもなくば身.4年は主に膨れて、大、ハード、熱と才能を飼って、心と腎臓の息のかんしゃく.

について

は頻度が重んじて、無理をすることはできない.古人は性生活の頻度も重んじて、年齢と体質の法則によって手配します.素女経』によると:「人年十者、四日一泄;年三十者、八日一泄;年册者、16日一泄;年50者、廿一日一泄、年に60者、もし体力猶壮者、一月一泄.20歳ごろから4日一回;30歳ぐらいは8日間、40歳ぐらいで15日、21歳で21日は21日一度、60歳ぐらい体力で、1月1回提案します.同時に、古人はまた、性生活頻度も個人差、個人的な体質と、直ちに調整、享楽、享楽にはならないと指摘している.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です