文字で描いたピアノ曲の脚の形優美なライン

息を殺して,耳を澄まして声を通して、まるで見奏者の指で、軽快な物でジャンプ、打つ出魂衝突の声.柔軟の指をかき回して空気、ひらひら舞い.霊の音符随時光舞い降り、為替で音楽の国になって、曲が始まる—-名は「愛の物語.

p>帆の手をそっと<瞬く間に軽く垂落は白黒物で、脚の間に話が上手で飽きさせない.

い琴宛转悠扬たり、時に激しく時に含蓄が高くて、低い.水のように、悠々と流れ、風が吹いまゆ花は散り、哀婉迷い;もし洪、万丈で倚千軍万馬の勢いの勢いを携えて、強情で不遜の姿;波、波さかまく澎湃座って見て、潮が満ちて潮が引くように、朝の霧深い愛着を照らし出すする;もし午後透過木陰の透き通って日光,光と影散らして、惊飞た眠りの雲雀;もし夜間はまき散らして石の上の清冽月光、幽冥ひっそりとして寂しい、淺い眠り人の夢を照らして.

の曲調でクライマックスに止まることも時間はスチル、少ないだんだん停滯のリズムがないけど、船を伴ってゆっくりと夕陽に接岸すると、この突然の静止人に悩まさ深い感銘を与える感、痛快淋漓,精力剤体験談.

音楽静止し,脚の形、その余韻が止まらず、ちょっといい、百转千回る.

1輪の雲があるように、ゆっくりとゆっくりと伸びやか.寂寂になる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です