来世を本の脚の形みを担当する美しい朝顔

p>と<よく;来世1本のみを担当する美しい朝顔.

花が好きなのは,植物が動物にとってもっと土地の芳香に近い、というのは、素樸、シンプルな美.かも知れない、これは昔よく言う;失って行く世界、一葉一菩提.陶潜辞して閑地につく山は、独愛菊.黛玉葬花、実は葬のは彼女で、彼女は美女が死ぬ時、サイドの設置は紫色のツツジ、張愛玲が花を愛し、バラは彼女のなまめかしい笑顔.

p実は、すべての女子はすべて花の花.ある人は牡丹、富貴の容姿、まるで世界の主であるかのように.ある人のような離れ偏ハス,汚れの気、あっさりして上品に咲いていた河池中.私はどうしても好き朝顔のような花.朝顔、夕にはそれぞれ、2種類の花咲く朝晩.彼らは順番に開放して、子供の頃田舎で見たことがある.その美しい記憶の中の絶唱となりました.

Pは、今までにもらった唯一の花束、横に彼の祝福語を表記しています.愛していないから、部屋の隅に雑作、何日も鮮やかに散ってしまいました.私も彼と今は縁のない証人である.悔いのない愛は,脚の形、どのようですか?

ないし1株来世のみを担当する美しい朝顔の花ですか.喧騒の息、すべての葛藤、混乱の決着?悲喜こもごも、歳月の痕跡を抱擁していませんか,精力剤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です