私_は脚の形ち

を覚えていないくらいの夜、いつも黙々としてのベッドで考え込む、物思い自分のこの数年の歩いた道とやったことがない
どれくらいの夜を覚えていて、いつも黙々として自分に問いかけるの心:本当に誇れることですか?
一人静寂幽暗い夜、私はいつものように反侧の
孤独ごとに重いの夜、私は興味索然
一人無言に退屈な夜、私は日々の昨日の足跡を踏んで
再走る私もう無力,無力追いかけて
本当に考えていない、途中の風景は私と関係ない
本当に考えていない、道は私の足はとても歩きにくい道がない
私は悲しい,脚の形、私は抵抗の
でもないところはないの生活,ユビキタスの圧力で圧迫している私は
されてゆくだけを怠る
侵食されてゆくに飲み込まれて
道の果てでまたカーブか

いつからかずっと

をたっぷり激情の名利が名利はどんどん離れてく
かつて私壮言大語休憩と今では蝸居一偶
かつて私の胸を熱くした人がないで夢はあくまでも夢
それは最高の皮肉だ

時間は最大の麻薬だ!人は麻酔に突き目が覚めて人は麻酔落ち
間違い私は麻酔で瀋黙したように穴の泥道は雨の後は窪
すべての満足しないすべての不屈のすべての抗争結局も静かになった
夢じゃない
私の胸に手を当てる自分に聞きますか?

在我走过的旅途中 有帮助过我的人 有蒙骗过我的人
在我走过的旅途中 有我坚守过的东西放弃了,有我放弃过的东西却从来没有重拾回
在我走过的旅途中 有落泪的日子却少有欢笑的时刻
在我走过的旅途中 有我值得珍惜的爱人却又由于种种原因让我倍受压抑无奈
但又如何呢
慢慢的 我心已变淡
帮助过我的人已渐渐远去 蒙骗过我的人也已慢慢遗忘
心中最重要的也终归会慢慢失去
不舍不愿不肯 也终归是水中浮萍而已
千百年后
千百年后
岁月巨轮辗压过后的回忆也只是让铭刻爱情的心底多一点伤痕
而我也只是历史忘れられた一角に…….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です