緑茶の脚の形良い心臓病患者に飲みます緑茶は体に良いです

9月28日は世界の心臓の日で、秋冬の交替の季節は心臓心の疾病の疾病の高季節の季節です.地域気候に影響を受け、北方心臓病発症率は南方により.天気が寒くなるにつれて、心臓病患者が目立って増えている.専門家は注意:心臓病患者は保温に注意して、ふだんはいくらか緑茶を飲んで,体に対して役に立つことに注意します.

秋の衣替え

は心臓病のピークから刺激による低温動脈血管収縮、拡張機能が障害、心臓を強化しなければならない仕事を維持する血流速度は、心臓の負担につながることができる、心筋虚血,脚の形、酸欠の患者は、軽い発生狭心症、心筋梗塞、重さは.心臓病で発症率最高、心臓病全体発症率の25 %、平均4つの心臓病患者に1つは冠状動脈硬化患者としている.肥満、高脂血、高血圧、糖尿病患者は冠状動脈硬化症のハイリスク人の群れで、特に注意しなければならない.

pは専門家に注意して

と注意するp心臓病患者は一際に注意し、飲食、多くの食事、禁煙、酒を避けて.動物性脂肪とコレステロールの高い食べ物を食べて.夕食は少なくして、あっさりしていて、脂っこい食物の食品は中風中風に誘発することができます.甘いものを食べて、高いセルロースの食品を食べます.毎日新鮮野菜を食べて、400グラム、果物100グラム200グラム.塩量は2~5グラムに制御する、できるだけ生姜
早漏防止精力剤,唐辛子、コショウなどのスパイシーなスパイスを使用する.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です